top of page
検索
  • 角田 匠海

寝起きに腰が痛くなるのはなぜ?


腰に負担をかけない寝方を解説


どうして寝起きに腰が痛くなるの?」「負担の少ない寝方が知りたい…」寝起きの腰痛にお悩みの方は多いのではないでしょうか。


1日のスタートを切る朝に腰が痛いのは、つらいですよね。


この記事では、腰痛と寝方に着目して、寝起き腰痛の原因、寝方別の特徴と腰痛対策について解説します。


【寝起きに腰が痛くなる理由】

そもそも、寝起きに腰が痛くなってしまうのはなぜでしょうか?その理由は主に2つあります。


1.長時間同じ姿勢だから

寝ている時は起きている時よりも動きは少ないです。


長時間同じ姿勢で寝ることで、体の同じ部分ばかりに体重がかかり続けます。


その結果、血行不良によって筋肉が凝ってしまい、腰痛を引き起こしてしまいます。


寝ている間ずっと同じ姿勢という状態を避けるために、人は無意識で寝返りをうちます。


しかし、何らかの理由で寝返りが少なかったり、もともと腰痛持ちで痛みがおきやすくなったりしていると、寝起きに腰が痛くなってしまうのです。


2. 寝具が合っていないから

マットレスや布団などの寝具が、私たちの体に与える影響も無視できません。


例えば、マットレスや布団が硬すぎると、背骨や骨盤、肩甲骨などの突出した部分への圧力が大きくなるので、負担がかかり痛みが生じやすくなってしまいます。


逆に柔らかすぎても、体が沈み込んで寝返りがうちにくくなって、寝起きに腰が痛くなりやすいでしょう。


【腰痛と寝方の関係】

人によっては寝方にクセがあるものです。


寝起きの腰痛は、もしかしたら寝方に原因があるのかもしれません。


ここでは、寝方別のメリット・デメリットをご紹介します。


それぞれの寝方の特徴をふまえて、腰痛との関連性を考えてみましょう。


● 仰向け寝

【メリット】

 - 体にかかる圧力が均等に分散されるため、体への負担が少ない。


 - 背骨が自然とまっすぐになる。


 - 寝返りをうちやすい。


【デメリット】

 - 足を伸ばした仰向け寝では、腰が反ってしまうことがある。


 - もともと腰痛持ちの人は、仰向け寝で痛みを感じやすい。


 - 猫背の人は、背骨に負担がかかってしまう。


● 横向き寝

【メリット】

 - 気道を確保しやすいので、いびきや鼻詰まりの予防に効果的。


 - 呼吸がしやすいので、リラックスできる。


【デメリット】

 - 背骨が正常な位置を保ちにくく、腰に負担がかかる。


 - 足や腕などがねじれやすく、左右非対称な姿勢となる。


 - 前後に倒れないようバランスを取ろうとするので、筋肉が緊張しやすい。


● うつぶせ寝

【メリット】

 - 肩関節に痛みがある方は楽に寝られることがある。


 - 自然な腹式呼吸がしやすく自律神経が整う。


【デメリット】

 - 腰が反りかえるため腰への負担が大きい。


 - 首を左右どちらかにひねらなければならず、首への負担が大きい。


 - 背骨がゆがむ要因になりうる。

腰への負担を考えると、うつぶせ寝は避けた方がいいでしょう。


うつぶせ寝は、どうしても腰が反ってしまい、腰に負担がかかってしまうからです。


腰痛は腰が反ることで増悪してしまうケースが多いので、日頃から腰痛を感じている方はうつぶせ寝は避けてください。


軽い腰痛であっても避けた方が無難です


和歌山県和歌山市でパーソナルトレーニングジムを、お探しの方はお気軽にお声掛けくださいませ。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page